2005年09月23日

相撲

Sponsored Links
amazon.co.jp
amazon.co.jp
大韓民国|韓国で、日本の相撲の起源は朝鮮半島のシルムにあるという説が、主にインターネットを通じて見られるが、朝鮮半島の歴史書である三国史記・三国遺事・高麗史・朝


相撲


相撲(すもう)は、日本の国技といわれ、国際的にも行われているスポーツである(武術ではない)。「角力」(日本書紀では?力であるが国語国字問題|漢字制限(当用漢字、常用漢字、教育漢字)により角力と表記される)「角觝」(いずれも読みはすもうだが、後者の文字は日本では、遥か後世において使われた)と表記されることもあり、角力は相撲の別名でもある。古代には手乞(てごい)とも呼ばれていたと言う説も有る。*手乞とは、相撲の別名とされ、相手の手を掴む事の意、または、素手で勝負をする事を意味する。プロフェッショナル|プロ競技としては、日本国内で大相撲という形で興行が行われている。競技の形態としては、直径3メートル程度の円形の土俵の中で廻しを締めた二人が組み合って(取り組み)勝ち負けを競う。土俵から出るか、倒れる、地面にひざから上がついた場合、もしくは反則を行った場合、負けとなる。その判定は行司が行なう。相撲は男性が行う競技であるが、江戸時代から戦前にかけては女相撲の興行も存在した。最近ではアマチュアの女子相撲も存在する(女性の場合は、レオタードの上に廻� $7$rDy$a$k!K!#F1$8$h$&$J7ABV$N%9%]!<%D$H$7$F%b%s%4%k$G9T$o$l$F$$$k%V%U$dCf9q$N%7%e%"%$%8%c%*$dD+A/H>Eg$N%7%k%`$,$"$k!#AjKP$r
Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL

相撲の歴史


相撲の起源は非常に古く、詳細は明らかではない。古墳時代の埴輪や土偶にもその様子が描写されている。日本神話においては、葦原中国平定の際、タケミカヅチ|建御雷(タケミカヅチ)とタケミナカタ|建御名方(タケミナカタ)という2柱の神 (神道)|神が、互いの腕をつかんで投げあう「力競」(ちからくらべ)という記述が「古事記」にある。神でなく、人と人の角力(日本書紀では?力「すまひとらしむ」あるいは「すまひ」)の記述で最古のものは、『日本書紀』の垂仁天皇 7年 7月 7日にある野見宿禰と当麻蹴速の戦いである(これは柔道でも柔道の起源とされている)。この中では宿禰が蹴速を蹴り技で倒したとされ、少なくとも現代の大相撲とは異なるものであったことは明確である。宿禰は相撲の始祖として祭られている。なお、「蹴速」(日本書紀では「蹶速」)という表記も見られる。『古事記』の垂仁記に初めて「力士」(ちからひと・すまひひと)の文字が現れる。『記紀』には、景行天皇の時代に日本武尊が、大和の息吹山の神(豪臓 2$ND9?)を素手で倒そうと、草薙の剣を持たずに、山に入った事が記されている。『日本書紀』の皇極天皇1年(642年)に、百済の王族の使者をもてなすため、健児(こんでい・ちからひと)に相撲を取らせたことが書かれている。『万葉集』の五巻に、天平2年(730年)4月6日 (旧暦)|4月6日と、次の年の6月17日 (旧暦)|6月17日に相撲をしたという記録がある。本来の相撲司家の志賀氏から受け継いだ吉田司家の故実によると、奈良時代の神亀3年に相撲技48手と作法を制定し、「突く・殴る・蹴る」の三手を近江国(現在の滋賀県)から朝廷に召されて来た志賀清林によって禁じ手になる。(その名残として張り手・突っ張り・蹴手繰り・二枚蹴り・蹴返し等がある)「手合」と呼ばれる「相撲の構え」も、江戸時代以降、時代と共に使われなくなり、現在までその名残として、三段構えがある。(手合は、ブフ・中国の各民族に伝わるシュアイジャオ・シルムなどには見られない日本独自のものである)なお、中世から 戦国時代 (董 |K\)|戦国時代までは神事、興行でなく遊びとして相撲をする此 ]$OCe0a$ N$^$^$*$3$J$o$l$F$$$?$3$H$,3(2h$J$I$+$i$&$+$,$($k!#9>8M;~Be$K$O!"AjKPVS柔術が行われた事があり、また、相撲の手数は多い時には、300手以上にも上る時もあった。

Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL






amazon.co.jp

ただマイヨ・ジョーヌのためでなく
・課題解決行動の指南書
・そしてマイヨ・ジョーヌを守り続けた。
・素晴らしい人生
ツール伝説の峠
・欧州自転車競技の世界は奥が深い

ブラジリアン柔術アドバンス―DVDでマスター
・ブラジリアン柔術教本の金字塔

毎秒が生きるチャンス! ナリッシュブックス
・ツール・ド・フランス覇者の不屈の精神
・ようやく邦訳が出たんですね。
・it's about the bike?
互当穴ノ守の超万馬券略奪マニュアル―年間500本万馬券的中!!




末広がり《すえひろがり》 <お稽古の記録>
能のお囃子からきているのですが“単語"というものがありまして、、、、なんていうのかなぁ、ある名前を言われたらこう打つ、という“決まり手"(←相撲のようだ…)がいくつもいくつもあるんですね。末広がり、最後はその羅列です。(小鼓
今日からだ <廣瀬 久子>
先ほど来ましたダイエットグッズSELF-MEEDICATION の ものです 昨日夕方電話があって 必ずやせます と言う 本当は 合宿してする方が良いようで スポーツ選手や お相撲さんなんかが 良く利用しているらしい。担当者は 凄くはきはきした 人でなんだか ハイ と言わざるを得ない
今日のUO部(20) <他人の褌で相撲を取る>
隣の土地の腐り待ちをしていて んーやっぱHiding便利だなぁと思う訳で 不動産専用キャラでも本気で作ろうかと思ってしまった訳ですが 競合のみなさんアクション遅すぎです、まったりしすぎです。最初から土台に合わせて家ツールセッティングしないと間に合わないよー。てな訳で
やはり相撲はおもしろい <正樹のコラム>
琴欧州が大関の栃東を正攻法なせめで寄り切り。勝ちました。連勝を 守りました。先場所も大活躍ですがまさに一夜寝ると強くなる感じです。入幕してから負け越し知らずです。体も大きくそしてやわらかい。特に よいのは204センチと大きいのに140キロと体重
ブンデス序盤戦チーム評価 <チキの私的サッカー館>
していきたい 1位バイエルンミュンヘン 18 6戦全勝。王者の威厳を完全に取り戻しつつあるバイエルン。マガト監督のもとソリッドなサッカーを展開しまさに横綱相撲。新加入のカリミ、イスマエルも主力として目覚しい活躍を披露。特にカリミはブンデス初参戦ながら、バラック欠場時にはその穴を埋めるなどチーム
私のキティちゃん♪ <きんもくせい通信>
(と、言い訳しといて)NANAキティ銀座キティご当地キティも買ってたらキリがないけど、まんまとひっかかる。赤富士キティ鯵キティ渋いあなたには・・・。巣鴨キティ神楽坂キティ寅さんキティ大相撲キティちなみに、これらはプチタオルです。今度買おうと思ってるのが、新橋キティ
気になる話題 <吉原「あうん」あかりの日記>
私は最近、スポーツ界に気になる話題がたくさんあるんですよ。まず、大相撲秋場所!関脇琴欧州は優勝できるのか?横綱朝青龍が2敗してるから明日にも決めるかも?どんなスポーツでもそうですが、「1強」っていうのはつまらないですよね?強い
横綱。 <パン屋開業したい!!>
最近なんだか相撲が熱い。私達家族。さっきも本日の取り組みを見て熱く語り合ったところです。しかもブームに乗って、琴欧州のファンです。今の横綱・朝青龍には品格と言うのが感じられなく嫌いなのです。これは、横綱になったときから、相撲の
すもう <Planning Barn 庭仕事>
ああ!昨日の相撲は面白かった!最近は,まじめにおすもう中継をみています。なんといっても,「琴欧州」ですよ。全勝ですよ!彼が強いのか?どうなの?私の分析。きっと。彼は相撲をスポーツ分析して。かなり勉強しているのでは
大相撲 <とんちゃん日記>
琴欧州12連勝なるか、朝青龍巻き返しなるか興味深い。稀勢の里は踏み止れるか。


posted by appequot at 20:07| Comment(29) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。